グレブラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イチローを観て

<<   作成日時 : 2009/09/15 22:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

イチローが9年連続200安打を達成しました。

これはすごいですね。新聞を読んでいたらイチローはこう言ってたそうです
「私は天才では無い。なぜならほとんど打ったボールを覚えている。」
天才は感覚で打つから覚えていない。打ったボールを覚えているのは日頃の練習で
いっぱいいろんなコース・ボールを打っているからだ。とのこと。
日頃の練習の積み重ねがこのような記録を作るのだなと思いました。

さて、みんなは毎日練習しているかな?

昨日から、イチローのヒットを打った場面が良くテレビで流れています。
みんな、良く注意して観てるかな?

これには君たちが見習う事が多くあると思うのだが??

まず、構え。ひざを柔らかくして体の中心で立っている。
構えている時のバットの位置。バットは寝かして構えている。グリップの位置は耳の横、左肩の辺りで構えている
打ちに行くときのバットの位置。少しキャッチャー寄りに行きグリップは少し上がる。重心は左足の内側にかかっている。インパクトに行く時バットのグリップからボールに向かっている左肩はトップの位置のまま、下がっていない。
踏み出した右足はつま先が三塁の方に向いている。右足も三塁の方に向いている。
インパクトの後に一塁の方に右足及びひざは開いている。左足はピッチャーの方に向いたままかえっていない。

今日、テレビで野球を観ていたのだが、巨人の小笠原も構えは違うが、インパクトの瞬間はイチローと同じだった。
ラミレスも同じだった。

みんなも、ただテレビを観ているのでは無く、少し違う視点で見てみるといろんな発見があるかもね。
これを生かして素振りやティーをすると調子が上がるかも?

続いて投手編

ホークスの杉内投手のフォームを観ていました
杉内投手は非常にゆったりとしたフォームで投げます

これは力んで投げてもボールの早さが変わらないからだそうです。
逆に同じフォームで変化球やストレートを投げる練習をしているそうです。
練習でこころかけていることは塁間のキャッチボールの時に、ボールの軌道を意識してキャッチボールをしているそうです。イメージとしては、下から上に浮き上がって来るボールを意識してキャッチボールをするそうです。

みんなはただキャッチボールをしているだけでは無いかな?
ちょっと違う意識で投げればキャッチボールも奥が深いかも

さて、練習方法ですが、家で自分で出来る練習はシャドーピッチングでしょう。
まずタオルを片方だけ縛ってボールの形にします。
まず、まっすぐ立って約60秒立つ。その時気をつけるのは軸足の内側に体重をかける事
これは最初は60秒は無理だと思うから15秒頑張ってみよう
それから両肩を水平にあげる。投げる手が頭のてっぺんをたたければひじはしっかりと
上がっているだろう。
次に足を踏み出す。足は投げる方向につま先をまっすぐだす。
このときに注意するのは、踏み出した足のひざが開かない事
それから胸を正面に向ける。
そして投げる。その時に、タオルがなる位置は踏み出した足の前で鳴ること

みんなが練習をしてると思うから参考として書いてみました。

練習をしている時に思い出してもらえれば結構です。

みんな頑張れ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イチローの9年連続シーズン200安打達成とフェデラーの全米6連覇ならず
野球のメジャーリーグで日本人選手のイチローが107年ぶりの記録更新となる9年連続シーズン200安打を達成した同じ週に… ...続きを見る
マチルダベイビー!
2009/09/16 14:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イチローを観て グレブラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる